競売取下げ119番|エバンスコーポレーション株式会社

お電話でのお問い合わせはこちら: 0120-49-1195

任意売却について|任意売却とは

任意売却について

任意売却って何?

任意売却とは、住宅ローンの滞納や借入金の返済が不能になると、融資している金融機関は抵当に入っている不動産を差押え、競売等で処分しますが、金融機関の同意を得て所有者自らの意志で不動産を売却することです。

任意売却で再スタートを有利に!

ご相談者の中には、「どうせ売るのだから、競売でも何でもいい」という方もいらっしゃいます。
でもそれは大きな間違いです。不動産を高く売るか、安く売るかは、再スタートに大きな影響があります。通常100万円貯めるには、大変な思いをしますが、不動産の売買だとすぐに100万円単位の差がつきます。まして、競売ですと、市場価格の半分になることもあるので、これがお客様の負担となります。

任意売却の場合、売買代金の中から住宅ローンの他に税金(固定資産税等)の滞納や管理費等の延滞金の精算・ 販売にかかる仲介手数料等の費用も配分されますので、再スタートに有利です。

任意売却のメリット

所有者の「持ち出し負担」がありません。
任意売却の場合は、引っ越し費用、仲介手数料、税金、仲介手数料は売買代金から清算されます。

住みなれた地域に住み続けることができる。任意売却ならば、公にしられることなく売却ができ、親しんだ地域に住み続けることができます。
また、条件がそろえば、買い戻しも可能です。

購入者も銀行融資が可能となるため、市場価格で販売できる任意売却の場合は、市場価格で販売でき、一般の購入者も銀行融資が可能となります。
競売よりも、高く売れる可能性が高いので、残債を軽減できます。